東京で公共交通機関を使いこなすコツ

記事検索
記事一覧

都会は住むところではない

私は田舎のほうに住んでいるので、たまに都会に遊びにいくととても楽しいです。
でも遊びにいく分にはいい所ですが、住む所ではないなぁとつくづく思います。

私が都会に遊びにいって、よく失敗するのが電車の乗り方です。
まず駅のホームで必ず迷子になります。

人の多さ、人の流れに圧倒され、きょろきょろと目的の場所を探すにもなかなか見つけることができません。
あのホームの独特な生温かさというか都会の空気がまず苦手なのと、人の多さに酔いそうになります。

看板を見ても電車がたくさんありすぎてどれにのればいいのか、乗り継ぎはどうすればいいのかなど困ることがたくさんあります。

都会の人は一番時間を短縮できて早く目的地に着く方法や、一番安く行ける方法、例えばJRと地下鉄の乗り分けなどを上手く利用しているのだと思います。
観光客の私たちはそんな方法が分からないので、とてもムダに時間もお金も使っているんだろうなぁと思います。電車の乗り方で、いつも苦い思い出を作って帰ってくる気がします。

そして一番覚えているのが、コインロッカーがどこか分からなくなったことです。
電車を降りて、コインロッカーを利用したのはいいけれど、いざ荷物を取りに戻ったときにそのコインロッカーの場所が分からなくなってしまったのです。
駅員さんに聞いてもコインロッカーがたくさんあるのとそのカギになんの目印も書いてなかったので、わかりませんでした。

結局何往復も駅のホームを探しまわってようやく見つけました。
コインロッカーは電車を降りて改札口を出る間にあるのと、改札口を出てからあるものがあるので、とても注意が必要だと思いました。

都内などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017 東京で公共交通機関を使いこなすコツ All Rights Reserved.